高畠町 S様邸・南陽市 S様邸 上棟

投稿日:2022年4月18日

こんにちは!

 

工事担当の池沢です(^ ^)

 

 

あちこちで桜も咲いてきまして春を感じるこの頃、皆様いかがお過ごしですか?

 

雪もなくなり除雪から解放され、

 

私の腰の痛みもようやく落ち着きを取り戻してきたところです(;^ω^)

 

 

さて、今年に入ってから2棟の上棟が無事終えましたので、

 

現場の様子をお届けします!

 

 

少し前にはなりますが、高畠町S様邸の上棟です。

 

 

年明けすぐの上棟だったため、寒い中での作業でしたが、

 

事故の無いよう安全作業で進めていただきました!

 

 

 

足場も凍り付く中での作業でしたが、声を掛け合いながら無事屋根まで完成!

 

 

BOX系ホワイト壁×レッドシダーがシンプルにまとまった外観。

 

1階は回遊できる動線、2階はサンルームとWICが隣接しており、

 

共働き家族にはとても使いやすい間取りに!

 

リビングから繋がる広々ウッドデッキが楽しみなお住まいです^ – ^

 

 

続きまして南陽市のS様邸の上棟です!

 

 

まだ雪が残り風が冷たい中でしたが、天気にも恵まれまして、

 

こちらも屋根まで完成しました!

 

 

屋上バルコニー×インナーガレージの、箱型なお家。

 

2階にリビングを設けることで、日当たり良く外からの視線を気にすることのない間取り。

 

雪でも濡れることなく車へ乗り降りできる、雪国にはうれしいインナーガレージ!

 

屋上バルコニーで休日はゆっくりとBBQなども可能です^_^

 

 

どのお住まいも完成が楽しみですね♪

 

引き続き、安全第一に工事を進めて参ります!

 

S様・S様、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

現場監督
池沢

高畠町 S様邸・南陽市 S様邸 地鎮祭

投稿日:2022年3月22日

みなさまこんにちは!

 

設計・インテリア担当の川崎です^_^

 

 

ようやく春の訪れを感じるこの頃、皆様いかがお過ごしですか?

 

雪が落ち着き、私の腰の痛みもようやく落ち着きを取り戻してきたところです(;^ω^)

 

 

さて今回は、高畠町・南陽市の地鎮祭の様子を2件まとめてU Pいたします!

 

まずは、高畠町S様邸の地鎮祭になります。

 

 

昨年の、まだ雪が積もる前の地鎮祭でした。

 

ご家族皆様にご参列いただき、ご祈祷して頂きました(^^)

 

 

ご主人様による「鍬入れの儀」

 

S様邸は、無落雪屋根とホワイトの外壁、レッドシダー張りがアクセントの外観!

 

 

玄関→土間収納→水回り→L D Kへと繋がりますので

 

帰宅して手洗いをしてからリビングに行け、感染症対策はバッチリですね!

 

また、休日は家族や友人とみんなでゆったりB B Qして過ごせるよう、

 

広いお庭を板塀で囲み、安全で快適なプライベート空間ができる予定です!

 

続きまして、南陽市S様邸の様子です。

 

 

 

こちらは昨年末、雪が降り始めてからの地鎮祭でした。

 

工事の安全をご祈祷して頂きました(^^)

 

 

S様邸は、コンクリート打ち放し風の外壁×スクエアの外壁が

 

スタイリッシュなお住まいになります。

 

 

1階にインナーガレージと収納、2階を居住空間にしたことで

 

お隣さんの視線も気にならずプライバシーを保てる間取りになっております。

 

 

どのお住まいも今から完成が楽しみですね^_^
S様・S様今後ともよろしくお願い致します。

 

 

設計・インテリア担当
川崎

照明器具の選び方

投稿日:2022年2月6日

こんにちは!

 

いつもHPをご覧いただき
ありがとうございます。

 

設計・CAD担当の冨樫です^_^

 

昨年中は大変お世話になりありがとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

さて、夏に続いて冬のオリンピックがいよいよ開催されますね!

 

たくさんのメダル獲得に期待して、連日TVでオリンピック観戦を

 

楽しみたいと思います♪

 

 

さて、話は変わりますが、住まいにおいて照明器具は欠かせないものです。

 

そして、近年様々な種類・形・色・素材のものが増えてきました。

 

選択肢が増えることは嬉しいですが、どこにどんなものを取り付けるといいのか?

 

分からなくなることもあるかと思います。

 

そこで、今回から数回にわたり、照明についてご紹介いたします。

 

実用性とインテリア性の両方から、照明器具の種類や注意点を知り、

 

素敵な住まいづくりの参考にしてみてください。

 

 

【照明器具の種類と特徴】

 

☆シーリングライト☆

 

「シーリング(ceiling)」は、天井という意味で、

 

シーリングライトはその名の通り天井に取り付けるタイプの照明器具です。

 

一般的に部屋全体を明るく照らし出すメイン照明として使用されます。

 

大きめで平たいデザインのものが多いですが、

 

複数の小型ライトで構成された製品や、シーリングファン(天井付けの扇風機)と

 

組み合わせた製品などもあります

 

 

●使用場所の例:リビング、寝室、子供部屋、和室、など

 

 

 

 

パナソニック株式会社Panasonic Homes&Living 住宅用照明器具カタログ2021-2022
:上左画像P33・上右画像P46・下画像P49 より

 

 

☆ペンダントライト☆

 

ペンダントライトは、天井や梁などからチェーンやコードで吊り下げるタイプの照明です。

 

シーリングライトに比べて光源の位置が低くなるため、テーブル上など限定的な範囲に

 

光を届ける目的に適しています。

 

また、吹き抜けなどに設置すると、空間の縦方向の伸びやかさを強調することができます。

 

居室では、メインの照明というよりも、補助照明として使用されることが多いです。

 

シェードやライトの種類による、豊富なデザインバリエーションがあります。

 

 

●使用場所の例:ダイニング、キッチンの手元、子供部屋、書斎、和室、吹き抜けなど

 

 

 

 

☆ダウンライト☆

 

ダウンライトは、天井に埋め込む形で設置する小型照明です。

 

単体の使用ではなく、複数のライトを一定の間隔で配置するのが一般的です。

 

天井からライトが飛び出さないため、照明器具の存在を目立たせたくない場合にも

 

適しています。

 

かつて天井付けの照明といえばシーリングライトとペンダントライトの選択肢しか

 

ありませんでしたが、住まいを控えめに照らす空間演出の明かりとしてダウンライトが

 

普及してきました。

 

天井の工事が必要になるため、電気屋さんによる取付工事が必要になってきます。

 

また、後から位置を変更することができないため、インテリアや間取りに合わせて

 

しっかりと照明計画を立てることが大切です。

 

 

●使用場所の例:LDK、寝室、子供部屋、書斎、寝室、廊下、納戸など

 

 

 

 

 

☆ダクトレール☆

 

ダクトレールは、天井に設置する照明用の補助器具です。

 

ダクトレール自体に照明の機能はなく、スポットライトやペンダントライトを

 

取り付けて使用します。

 

レールの内側に電気が流れているため、レール上であれば好きな位置に照明器具を

 

取り付けることができます。

 

定められた重量と消費電力の範囲内であれば、複数の照明器具を自由に追加でき、

 

レール上であれば後から移動することも可能です。

 

レールが長いほど、照明器具を設置できる範囲が広くなります。

 

もともとは店舗などで使用される業務用の器具でしたが、

 

利便性の高さから一般家庭にも採用されるようになりました。

 

 

●使用場所の例:LDK、書斎、子供部屋など

 

 

 

下画像:パナソニック株式会社Panasonic Homes&Living 住宅用照明器具カタログ2021-2022 P70より

 

次回につづく・・・

 

 

それぞれのご家庭のライフスタイルやご要望・ご予算に合わせた

 

照明プランのご提案もさせて頂いております。

 

 

詳しく知りたい方は

 

設計士・スタッフにお気軽にご相談下さい^_^

 

 

設計・CAD担当
冨樫

川西町 N様邸・米沢市 M様邸・山形市 K様邸 上棟

投稿日:2022年1月14日

こんにちは!

 

工事担当の池沢です(^ ^)

 

昨年中は大変お世話になりありがとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

昨年末より降り続いた雪で、辺りも現場も真っ白になりましたね。

 

本年も現場は雪かきから始まります。汗
昨年のように腰を痛めないよう気を付けながら、
安全作業を進めて参ります!!!

 

 

さて、昨年末に3棟の上棟が無事終えましたので、

 

現場の様子をお届けします!

 

 

川西町にてN様邸の上棟です。

 

 

まだ雪が積もる前、天気にも恵まれまして、

 

安全作業で進めていただきました!

 

 

 

大工さん達のチームワークので、屋根まで完了しました!

 

 

片流れ屋根・ホワイト×木目がシンプルにまとまった外観。

 

1階に設けたサンルームは家事効率がよくなります。

 

キッチンと併設した小上がりタタミコーナーは
お子様が勉強したり、旦那様がくつろいだりと多目的に使用できます^ – ^

 

 

続きまして米沢市のM様邸の上棟です!

 

 

前日の雪が残り、風が冷たい中でしたが、

 

足元に注意しながら安全に作業を進めて参りました!

 

 

 

スクエア×ネイビー×ホワイト×木目が絶妙なバランスの外観。

 

 

玄関ポーチとガレージを一体にすることで、
雨や雪でも濡れることなく車へ乗り降りできる、雪国仕様になっています!

 

また、H E A T20 G2仕様の高性能住宅となっており
床下エアコン一台で家中が暖かい住まいになります。

 

 

続きまして山形市のK様邸の上棟です!

 

 

初日は風が強く雪が降る中での上棟でしたが、細心の注意を払いながら、

 

安全に作業を進めて参りました!

 

 

 

スクエア×ブラック×ホワイト塗り壁×木目のスタイリッシュなデザイン。

 

 

3方向を道路に囲まれているため、どこから見てもカッコよく、程よい目隠し、
日の光を取り入れる工夫がなされた外観。

 

リビングとタタミルームの両方から出入りできる、遊びゴコロをくすぐるテラス!

 

玄関ホールにはタイル張りの手洗いを設け、帰ったらすぐに手洗いうがいができる、

 

Withコロナに配慮したお住まいです。

 

 

どのお住まいも完成が楽しみですね♪

 

冬季間の工事になりますので、安全第一に工事を進めて参ります!

 

N様・M様・K様、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

現場監督
池沢

川西町 N様邸・米沢市 M様邸・山形市 K様邸 地鎮祭

投稿日:2021年12月20日

みなさまこんにちは!

 

設計・インテリア担当の川崎です^_^

 

本格的に寒さが増してきたこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

日に日に寒くなっていますので、風邪には十分気を付けたいですね。

 

さて今回は、川西町・米沢市・山形市の地鎮祭の様子を3件まとめてU Pいたします!

 

まずは、川西町N様邸の地鎮祭になります。

 

 

心地いい秋晴れの中、

ご家族皆様にご参列いただき、ご祈祷して頂きました(^^)

 

 

ご主人様による「鍬入れの儀」

 

N様邸は、片流れ屋根とホワイトの外壁、

アクセントの木製ルーバー・レッドシダー張りが絶妙なバランスの外観!

 

 

奥様こだわりの家事導線と

キッチン脇の小上がり畳スペースでのんびりできる

お住まいになる予定です!

 

 

続きまして、米沢市M様邸の様子です。

 

 

天気にも恵まれまして、

ご両家の皆様と工事の安全をご祈祷して頂きました(^^)

 

 

ご主人様による「鍬入れの儀」

 

M様邸は、ネイビー×板張り×スクエアの外壁が

スタイリッシュなお住まいになります。

 

 

インナーガレージ→玄関→キッチンと、雨に濡れることなく

一直線で行き来できるお買い物導線や、

随所に設けた収納、水回り導線と、奥様に優しい間取りが

とても住みやすそうです!

 

 

続きまして、山形市K様邸の様子です。

 

 

こちらも、天気に恵まれまして、

工事の安全をご祈祷して頂きました(^^)

 

 

宮司さんとご主人様で、お清めしていただきました。

 

K様邸は、ブラックの外壁と・板張り、箱が重なり合ったスクエアな外観。

 

3方を道路で囲われた土地に建つため、

より外観に気を配ってプランさせていただきました!

 

 

玄関ホールにはタイル張りの造作洗面台があり

リビングとタタミコーナーから繋がるデッキテラスが

居心地のいいお住まいになる予定です!

 

どのお住まいも今から完成が楽しみですね^_^

N様、M様、K様今後ともよろしくお願い致します。

 

設計・インテリア担当

川崎

寒冷地山形でも育てやすいシンボルツリーについて

投稿日:2021年12月16日

こんにちは!

 

いつもHPをご覧いただき

ありがとうございます。

 

設計・CAD担当の冨樫です^_^

 

天気予報にも雪マークが増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

寒い日が続くようですので、体調管理には気をつけたいと思います!

 

さて、前回ご紹介しましたシンボルツリーですが、

ここ寒冷地山形でも育てやすいものは何か?今回ご紹介いたします。

 

・シャラ(別名ナツツバキ)

 

シャラは昔から寺院などに植えられてきた日本原産の落葉高木です。

 

生長するにつれて樹皮が剥がれ、美しい斑模様が現れます。

 

夏にツバキに似た白い花を咲かせることから、ナツツバキと呼ばれることもあります。

 

日当たりを好む庭木ですが、強い西日が当たると葉焼けを起こします。

 

植える場所は十分に考慮しましょう。

 

また根が浅く乾燥しやすいため、根元をカバーして水の蒸発を防ぎ、

水切れを起こさないよう管理する必要があります。

・ヤマボウシ (別名 ヤマグワ)

 

ヤマボウシは、日本や中国、朝鮮半島に分布するミズキ科の落葉小高木で、

シンボルツリーから公園木、街路樹まで幅広く利用されています。

 

ハナミズキの近縁種にあたり、花の形も良く似ています。

 

ハナミズキの花は先端がくぼんでいるのに対し、

ヤマボウシの花は先端が尖っているのが違いです。

 

また開花期がハナミズキより遅く、葉が開いてから花が咲きます。

 

こちらも紅葉や果実など、季節ごとに様々な楽しみがある庭木です。

 

 

・エゴノキ(別名 チシャノキ、チサノキ)

 

日本全土に分布するエゴノキも、寒冷地での栽培におすすめできます。

 

耐寒性・耐暑性ともに高く自然樹形が美しいことから、公園や緑地だけでなく、

シンボルツリーとしても人気です。

 

5月から6月にかけての新緑の時期には、鈴なりの白い花が枝の先いっぱいに咲き、

その特徴的な美しさから「森のシャンデリア」と呼ばれています。

 

原種の花色は白ですが、ピンク色の花を咲かせる品種も存在します。

 

 

・エメラルドグリーン (別名 ニオイヒバ)

 

エメラルドグリーンはコニファーの1種で、常緑で冬でも葉を落としません。

 

その名の通り鮮やかな緑色が美しく、葉に光沢があります。非常に寒さに強く、

寒い地域でのシンボルツリーに最適です。

 

冬は少し褐色を帯びてきますが、クリスマスツリーとして楽しむこともできます。

 

また刈り込みに耐えるため、生垣として利用しても良いでしょう。

 

ニオイヒバの園芸品種であるエメラルドグリーンは、

葉を揉むことでパイナップルのような爽やかな香りがします。

 

 

・イロハモミジ (別名 イロハカエデ、タカオモミジ)

 

イロハモミジは北半球原産の落葉高木樹で、紅葉の美しさが特徴的です。

 

その立ち姿は和風テイストの住宅に特に相性がよく、

現在は和風シンボルツリーの代表格にもなっています。

 

紅葉が醍醐味のイロハモミジですが、花や翼果も楽しむことが可能です。

 

紅葉を美しくするためには3つのポイントがあり、日当たりと昼夜の温度差、

入念な管理が必要になります。

 

夜にしっかりと冷え込む寒冷地では、昼夜の温度を作りやすく、

綺麗な紅葉が見やすいでしょう。

 

 

寒冷地でのシンボルツリーの育て方のポイント

 

知らないうちに木を弱らせてしまったり、最悪の場合枯れてしまう可能性もあるため、

この項目で解説する内容をしっかり把握しておきましょう。

 

・剪定のタイミング

 

寒冷地での剪定は、雪が降り始める前に行っておきましょう。

 

伸びた枝に雪が積もって折れてしまったり、折れた部分から細菌に感染してしまったりと、

木に悪影響を及ぼす可能性があります。そのままでは枝や幹が変形してしまったり、

倒木してしまうことも考えられるため注意が必要です。伸びすぎた枝は早めに取り除き、

透かし剪定で雪が積もる面積を減らしておくことをおすすめします。

 

 

・肥料・虫除けに注意

 

寒冷地では、しっかりと寒肥を与えておくことも重要です。

 

冬の間に肥料が分解され、春の生長期に栄養が行き渡ります。

 

寒肥が十分に施されたかどうかによって、次の年の生長や花つきが決まってしまうと

言われています。必ず与えるようにしましょう。

 

また、温暖な地域に比べて虫が少ない寒冷地であっても、

虫除けはしっかりと行っておきましょう。

 

絶対に虫が来ないということはありませんし、

被害を受ける前に対策しておくことが重要です。

 

薬剤を散布しておくのも1つの手段ですが、

定期的な剪定で風通しを良くしたり、日頃から様子を観察しておくことをおすすめします。

 

 

どれも寒さに耐性があり、寒い地域でも安心して育てることが可能といわれています。

 

どんな木を選ぶか迷っている方は、是非参考にしてみてください。

 

それぞれのご家庭のライフスタイルやご要望・ご予算に合わせた

シンボルツリーのご提案、アドバイスもさせて頂いております。

 

詳しく知りたい方は

設計士・スタッフにお気軽にご相談下さい^_^

 

設計・CAD担当

冨樫

高畠町 H様邸・米沢市 K様邸 上棟

投稿日:2021年11月29日

こんにちは!

工事担当の池沢です(^ ^)

 

朝・晩が肌寒くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、少し前になりますが、2棟の上棟が無事終えましたので、

現場の様子をお届けします!

 

高畠町にてH様邸の上棟です。

 

天気にも恵まれまして、

安全作業で進めていただきました!

 

 

 

平屋ということもありあっという間に屋根まで完了しました!

 

 

片流れ屋根と斜めの袖壁がアクセントになった外観。

コンパクトにまとまった生活導線と、造作のTVボードや収納棚、

外観のレッドシダーがこだわりの住まいです^ – ^

 

続きまして米沢市のK様邸の上棟です!

 

 

こちらも天気に恵まれまして、

あっという間に作業が進みました!

 

 

 

切妻屋根のシンプルな外観ですが、ベージュの外壁やこだわりの窓で

可愛らしく優しい雰囲気に♪

2階に設ける防音室も楽しみです!

 

H様、K様、今後ともよろしくお願い致します。

 

現場監督
池沢

高畠町 H様邸・米沢市 K様邸 地鎮祭

投稿日:2021年11月19日

みなさまこんにちは!

設計・インテリア担当の川崎です^_^

 

冬の足音が近づくこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

日に日に寒くなっていますので、風邪には十分気を付けたいですね。

 

さて今回は、高畠町と米沢市の地鎮祭の様子を2件まとめてU Pいたします!

 

まずは、高畠町H様邸の地鎮祭になります。

 

 

心地いい秋晴れの中、

ご祈祷して頂きました(^^)

 

 

H様邸は、ブラックガルバの外壁とレッドシダーの木目、

傾斜した袖壁がアクセントになっており

今までにない”ちょっとカッコイイ”平屋の住まいになります!

今から完成が楽しみですね^_^

 

続きまして、米沢市K様邸の様子です。

 

 

ご家族皆様にお集まりいただきまして、

工事の安全をご祈祷して頂きました(^^)

 

 

K様邸は、切妻屋根とベージュの外壁が

可愛らしい外観になっております!

 

 

楽器がお好きなご家族様のために防音室を設け、

毎日”お家演奏会”ができる素敵な住まいになる予定です!

 

どちらも今から完成が楽しみですね^_^

H様、K様今後ともよろしくお願い致します。
 
 

設計・インテリア担当
川崎

シンボルツリーについて

投稿日:2021年10月4日

こんにちは!

 

いつもHPをご覧いただき

ありがとうございます。

 

設計・CAD担当の冨樫です^_^

 

そろそろ秋が近づいてきましたね!

 

今年は人混みにならないように、ドライブしながら紅葉を見に行ったり

家族でお家時間を満喫したいですね♪

 

さて、前回のエクステリアに関連しまして

今回は、シンボルツリーついてご紹介いたします。

 

「シンボルツリー」とはその名の通り、家のシンボルとなる木のことを言います。

 

家の外観に大きく影響を与える大切な木です。

 

住まいの象徴となって家族を見守る存在で、お祝いごとの記念樹や

お子様の誕生に植えて、一緒に成長を楽しむ方も多いです。

 

新築の際に植えれば、家と一緒に経年変化を楽しめますし、

家族の成長も一緒に見守ってくれる存在です。

 

また、近年では住まいのシンボル的な存在でありながら、

かつ住まいを引き立てる役割も担っています。

 

 

家の外観というものは緑が上手く映えるだけで見た目は劇的に良くなります。

 

選んだ木によって家の雰囲気も大きく変わる効果もあるので、

ご自分の住まいに合ったシンボルツリーを選びたいですね。

 

シンボルツリーの選び方

 

シンボルツリーは、選んだ木によって住まいの雰囲気が大きく変わります。

 

ですが、木は頻繁に植え替えができるものではないので、最初の選び方が重要になります。

 

そこで、まずはシンボルツリーを選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

 

☆落葉樹か常緑樹かで選ぶ

 

シンボルツリーを選ぶ場合に多くの方が迷うことの一つが、

落葉樹か常緑樹かではないでしょうか。それぞれの特徴を押さえて、

よりご自分の住まいに合ったシンボルツリーを選ぶようにしましょう。

 

 

・落葉樹

 

落葉樹は秋〜冬に葉を落とす木です。夏は強い日差しを遮り、

寒い冬には落葉して部屋の中に日光を通してくれます。

 

夏は涼しく、冬は暖かくしてくれるので省エネにも役に立ちます。

 

秋には紅葉を庭で楽しむことができるので、目で見て楽しむ庭におすすめです。

 

ただし、紅葉の時期には落ち葉掃除の必要があります。

 

シンボルツリーで家の目隠しも兼ねている場合、

冬場は目隠しの効果は無くなってしまいます。

 

また、木を植える場所によっては隣家の敷地に落ち葉が落ちてしまう場合があるので、

植える場所に注意が必要です。

 

 

落葉高木でシンボルツリーにおすすめの樹木は「エゴノキ」「イロハモミジ」

「ヒメシャラ / ナツツバキ」「ハナミズキ」などがあります。

 

・常緑樹

 

常緑樹は一年中同じように葉が茂っているので、

目隠しとして植えたい場合におすすめです。

 

冬の落葉樹の立ち姿は少々寂しく感じられても、

常緑樹なら冬でも緑を楽しめるのが嬉しいです。

 

なお、常緑樹でも葉は生え変わっているので、

全く落ち葉掃除が必要ないというわけではありません。

 

 

常緑高木でシンボルツリーに向いている樹木として、「シマトネリコ」「ソヨゴ」

「キンモクセイ」「シラカシ」などが挙げられます。

 

☆植える場所の環境条件で選

 

シンボルツリーを選ぶときは、植える場所の環境条件をチェックすることが大切です。

 

環境に合っていない木を選んでしまうと、上手く育たないことがありますので

注意が必要です。

 

 

・日照条件

 

シンボルツリーを選ぶときは植える場所にも注意しましょう。

 

日陰になることが多い場所なら耐陰性のある木を選ぶ必要があります。

 

また、日差しが強い西側に植える場合は常緑広葉樹が適しています。

 

また、紅葉を楽しみたいなら日当たりの良い場所に木を植える必要があります。

 

・気候風土

 

シンボルツリーを選ぶときは、住まいがある地域の環境下で

育ちやすい木を選ぶのがおすすめです。寒冷地では寒さに強いものが良いでしょう。

 

また、暖地では害虫被害が少ないものを選ぶのもポイントです。

 

 

シンボルツリーは住まいの象徴となる木です。

 

植えたら終わりというわけではなく、その後の成長を楽しんだり、

季節の移り変わりを感じさせてくれたり、いろいろな楽しみ方ができます。

 

ぜひ、お気に入りのシンボルツリーを見つけてくださいね。

 

それぞれのご家庭のライフスタイルやご要望・ご予算に合わせた

シンボルツリーのご提案もさせて頂いております。

 

詳しく知りたい方は

設計士・スタッフにお気軽にご相談下さい^_^

 

設計・CAD担当

冨樫

米沢市 S様邸・川西町 N様邸 上棟

投稿日:2021年9月27日

こんにちは!

工事担当の池沢です(^ ^)

 

朝・晩が肌寒くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

少し前になりますが、米沢市にてS様邸の上棟を行いました。

 

天気にも恵まれまして、

予想以上に順調な作業で進めていただきました!

 

 

同日午後には1.5階部分まで進みました!

平屋ということもあり作業スピードは早いですね。

 

大屋根と無落雪屋根をMIXした圧巻の外観。

 

室内ロフトと一体となったリビング・ホビースペースが

空間に立体感+連続性を演出しています。

 

勾配天井のダイナミックな吹き抜け空間が楽しみですね^ – ^

 

続きまして川西町のN様邸の上棟です!

 

 

天気もなんとかもち、予定通り工事ができてホッとしました。

 

 

チームワークが良い大工さん達です^ – ^

 

 

丁寧な仕事で、スムーズに作業が進みました!

 

いくつもの”箱”が合わさったように見える建物はそれぞれが影をもち

それぞれが個性を出しています。

 

エントランスの壁には天然石を散りばめ

間接照明に優しく照らされます。

 

こだわりの玄関スペース今から楽しみですね!

S様、N様、今後ともよろしくお願い致します。

現場監督
池沢